ガジェット

【レビュー】初めてのアクションカムGoPro HERO 5 Black購入!#goproのある生活 の始まり

夏になったらアクションカム(アクションカメラ)を買おうと決心していた2017年!ついに購入してしまいました。
GoPro HERO5にはBlackとsessionがありますが、今回はBlackをチョイス!

開封の儀

頑丈なGoPro、頑丈なクリアケースのパッケージに入っていました。

今回からハウジングケースが同梱しないんですよね。変わりにケース無しで水深10mまでの防水に対応してます。僕は泳がない(泳げない)のでケース無しで十分でした。

GoPro HERO5Blackには2インチの液晶ディスプレイが背面にあるので画角確認や、動画の再生、設定画面も操作しやすいです。

側面にはスペックが書かれています。

  • 1200万画素 30FPS連射タイムラプス
  • 4K 30FPS/1440P 80FPS/1080P 120FPS
  • 最大240FPS撮影可能(720P/240FPS)
  • RAW撮影
  • ハウッジングケース無しで水深10mまでの防水対応
  • 音声コントロール
  • ビデオ安定化(ブレ補正)
  • クラウドへの自動アップロード
  • 位置情報取得

主な機能はこんな感じ。こんな小さいのに高性能。

底面から開封していきます。

箱を開けるとまず説明書。

説明書は簡易的なものでした。ステッカーも付属していた。何に貼ろうかな・・・

説明書の下には、バッテリー・粘着テープ付マウントの土台(?)が2種類と充電用USBケーブルが付属

本体を見ていこう

2インチの背面液晶。この写真の画像は最初から写真が貼られています。実際は明るく高精細でとても綺麗です。

本体にはThe Frameというフレームが付いており、マウントする場合このフレームは必須になります。

カメラ側から見て左側面です。

こちらはmodeボタンがあり、1度押すと電源ON、その後1度押すたびにモードが変わります。長押しで電源OFFになります。

右側面はこんな感じ。フレームが付いたままなのでわかりにくいですが、、、側面の蓋を開けるためのボタンが見えます。

蓋を外すとmicroHDMIとmicroUSBケーブルを挿したままフレームを装着できるようになってます。
別売りのマイクや、充電、HDMIケーブルをつないでテレビに出力する場合などはここから接続します。

上から見ると赤丸ボタンがあります。録画ボタンですね。

電源OFFの状態から録画ボタンを長押しで電源ON→自動でタムラプススタート。録画ボタン1度押しでタイムラプスストップ→自動で電源OFF

電源OFFの状態から録画ボタンを1度押しで電源ON→自動で録画スタート。録画ボタン1度押しで録画ストップ→自動で電源OFF

The Frameはこんな感じで外れます。結構固めでがっちり固定されてました。ちなみに社外品で側面を開閉できるフレームもあるみたいなのでちょっと気になってます。

バッテリーとmicroSDカードは底面から取り出せます。アクションカムはバッテリーが小さいし容量も少ないので減りが早いです。

GoPro HERO5 sessionはバッテリー交換できないので、BLACKを選びました。もちろん予備バッテリーは必須です。1つでは心細い。

一緒に買ってよかった物

JOBY Gorilla Pod

JOBYのゴリラポッドです。ゴリラポッドの存在は昔から知ってましたがこの度初めて買いました。グレーの部分がゴムになっており、足を巻きつけて固定できるのでいろんな場所に設置することが可能です。また、足を全て真っ直ぐして持てば簡易自撮り棒(短いけど)にもなります。

Smatreeアルミ三脚マウントアダプタ

一般的な三脚にGoProを装着する場合必須です。ゴリラポッドだけ購入して付けれないことに気づき慌てて購入しました・・・。

DUAL BATTERY CHARGER+BATTERY

バッテリー1個とバッテリーチャージャーがセットになった物です。

純正は高いけど安心感がありますよね。

社外品バッテリー

MiBOTEと、FlyHiというメーカーの社外品バッテリーを購入しました。FlyHiのバッテリーはたまに残量が0パーセントになり画面に警告が出るときがあるので、MiBOTEの方をお勧めします。

保護ガラス


MIBOTEのフィルムは現在販売されてないようなので、miboteのフィルムをおすすめします。バッテリー・フィルム共に品質良いです。

GoPro HERO 5 BLACKには液晶ディスプレイが2箇所そしてレンズ、計3箇所保護フィルムを貼る面がありますが、3箇所がセットになった物が見つからなかったので2種類買いました。

右のMIBOTEの方が保護ガラスで、レンズと背面液晶に。左の青いパッケージの物はフィルムで前面のモノクロディスプレイに貼りました。

MIBOTEの液晶保護ガラス、1,000円以下で保護ガラスが2種類・2枚ずつ計4枚と、レンズカバーが2個、クリーニングペーパーも付属してパッケージは木箱!コスパ高すぎです。

Amazonベーシック キャリングケース GoPro用 Sサイズ ブラック

Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥1,280
(2020/09/23 16:30:28時点 Amazon調べ-詳細)

GoPro本体+マウントを何種類か入れることができます。結構硬めで安心できます。

SanDisk Extreme PRO 64GB

海外の物のようですが、レビューもあり評価も良さそうだったので選びました。今のところ問題なく使えております。

Ventlax 3WAY 自撮り棒

amazonのウェアラブルカメラ用マウント部品で第1位!と言うことで買ってみました。ロック機構・三脚機能付きで便利です。

TELESIN 360°回転式 クリップマウント

僕が一番使用しているマウント。リュックサックの肩かけに付けてます。回転するし、スタンド代わりにもなって使いやすい。しかも1,000円以下。

少し使ってみて

初めてのアクションカム「GoPro HERO5BLACK」僕の使い方としては、運転中ダッシュボードにマウントして車載動画を撮ってみたり、リュックサックの肩かけに付けて子供と公園で遊んだり、タイムラプスを撮ってみたりと、最近はこんな使い方をしています。

特に、子供と遊ぶ時に胸にマウントすることで、両手が開くので、子供と遊びながら撮影できるのがいいなと思いました。

カメラ本体が小さいので周りの目も気にすることなく使えるので良いです!

一眼レフだと「アイツなんか撮ってるなー」という視線、カメラの重量・邪魔になる大きさなど、気軽に使いにくいので僕はGoProでどんどん撮影していこうと思います。

amazonギフト券チャージタイプを購入し、現金チャージをすると最大2.5%もらえる!!

現金チャージはこちら