ガジェット

【レビュー】Gopro HERO5からHERO6に変えて感じた8つのこと

初めてのアクションカム Gopro HERO5を購入してから約2ヶ月。

#Goproのある生活 を送っているカケル(@kakeruu3)です。

[kanren postid=”196″]

後継機種HERO6が発売されるも、その特徴にはあまり魅力を感じられず見送る予定でした。

しかし、いくつものレビューを見ていくうちに「これは!」と思うことがあったので買い換えることにしました!

全てHERO5との比較です。

変えて良かったところ

サクサク動く

Gopro HERO5とHERO6、どちらも静電式タッチパネル搭載ですが、HERO5は若干もっさりした印象。タッチしてからの反応がちょっと気になってました。

新しいHERO6はサクサク動いてくれます。

全然ストレス感じません。

タッチ感度やレスポンスが結構改善されてると思います。

色味が変わった

YouTubeの比較動画を見ると、明らかに色味が変わっていることがわかります。

HERO5はあっさりしてて、HERO6は色が濃ゆくなった感じ。

これは好みの問題もあり、このシーンはこっちのほうが良いなとか思う場面もあるので、一概にどちらが良いという訳ではありまへんが。

手ぶれ補正が、かなり効く

HERO5の手ブレ補正は物足りなかったですが、HERO6ではかなり強力に、、、!

SONYAS300の「空間光学手ぶれ補正」には及びませんが、かなりSONYに追いついたな。と感じます。

手ぶれ補正をONにすると、画角が若干狭くなり、横方向にカメラを回転するとカクカク動くなど、不満点もありますが、私はZHIYUNのジンバル「RIDER-M」に乗せて使うのであまり関係ありません。

でも水遊びなど、ジンバルが使えないシーンではこの手ブレ補正が活躍してくれるでしょう。

ちなみに、SONYの空間光学手ぶれ補正だと画角が狭くならないんですよね。

【レビュー】手ぶれ補正が凄い!SONY アクションカムAS300Gopro hero5を既に持ってますが、新たにソニーのアクションカムAS300を購入しました。 https://number99...
小型三脚穴付きジンバルzhiyun rider-m!撮影環境が超快適に!先日購入したGopro HERO5 BLACK、手ぶれ補正機能が付いてますが、少し物足りないということで専用のスタビライザー(3軸電動ジ...

便利になった音声コントロール

Gopro電源ON!と喋ると起動してくれる音声コントロールが新たに追加されました。

これでマウントしたまま、電源ON→録画スタート→録画ストップ→電源OFFまで全て音声でそ操作が可能になりました。

この機能によって電池の持ちが悪くなったり・・・とはあまり感じられません。

4K60P

iPhone8や、GH5と、続々と4K60P対応していく中で、遂にGoproにもその波がやってきました。

確かに綺麗ですが、保存するには容量が大きくて困るし、4K60Pの動画はストリーミング再生がなかなか追いつかなかったり…(これは私のネット環境のせいですが :ちなみにauひかりの1Gbpsです)

レンズカバーが外しやすい

個体差なのかわかりませんが、レンズカバーが外しやすくなった気がするので、レンズカバーごと取り替えるNDフィルター買おうかと思ってます。

イマイチなところ

音質はあまり良くない。

単体で使う分には気にならない・・・いやでも少し篭ってる感じがしますな。僕の場合、ジンバル「RIDER-M」との組み合わせで使ってますが、モーター音を拾ってしまい音声がクソです。

なのでDR-10Lで音声別撮りして、編集で合わせてます。

【レビュー】超小型で高性能!TASCAM ピンマイクレコーダー「DR-10L」動画撮影をする上で「画質」も重要ですが、「音」も大事ですよね。先日レビューしたGopro hero5、zhiyunのrider-mとの組...

値上げ

新型で性能アップしてますし、仕方ありませんよね。

終わりに

自分的にはこの性能アップは買い換える価値がありました。ほんと、サクサク動いてくれて、音声コントロールもしっかり反応して使いやすい!

「GoPro電源ON!」って口にするのがちょっと恥ずかしい。

amazonギフト券チャージタイプを購入し、現金チャージをすると最大2.5%もらえる!!

現金チャージはこちら