スマートフォン

LINEモバイルとは?特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

LINE MOBILEとは?


今やほとんどの人がスマートフォンの無料通話・トークアプリに使用している「LINE」アプリを提供するLINE株式会社の格安SIM「LINEモバイル」

このページでは、LINEモバイルのメリット・デメリットや特徴、LINEモバイルならではの強みなどを解説していきます。

LINE MOBILEの料金プラン

各プランでLINEアプリの「音声通話」「トーク」「画像・動画の送受信」・「タイムライン」利用時のデータ通信量を消費しないデーターフリー機能があります。

これから紹介する料金プランはいわゆる「基本料金」です。この金額と機種代金・オプションの料金を合わせた金額が毎月の料金になります。

LINEフリープラン

データSIM 月額500円
データSIM(SMS付き) 月額620円
音声通話SIM 月額1,200円

1ヶ月に利用できるデータ容量は1GBだけ、500円から使えるリーズナブルなプランです

  • 家ではWi-Fiを使って、外では家族・友達と連絡が取れれば良い
  • 子供や祖父に持たせるため
  • ネットはほとんど使わない

こういう方におすすめできるプランです。

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

毎月1GB以上使うのならこのプランです。LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロなので、LINEの無料通話・Twitterで画像付きツイートなどのSNS利用時はデータ通信量カウントされません。

学生など、SNSを使いまくる方にはとてもおすすめできるプランですね。

UQモバイルでは節約モードでデータ消費ゼロですが、SNSの高速通信時データ消費ゼロはLINEモバイルだけのサービスです。

MUSIC+プラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

上記のコミュニケーションプランに+LINE MUSICがカウントフリーで利用できます。しかし、LINE MUSICの利用料金は別途必要なので注意が必要です。

回線契約時にLINE MUSICを申し込むと最大2ヶ月間0円+4ヶ月間月額500円と、最大半年間お得に利用できます。7ヶ月以降は月額750円です。
既にLINEモバイルをご利用の方は初月無料で2ヶ月目以降は750円の利用料金が必要になります。

LINE MUSICが聴き放題でカウントフリーなので、スマホの容量を気にせず使えるのは嬉しいですね。

高校生など、音楽に興味があり友人とSNSを楽しむお年頃なら満足できるプランだと思います。

LINE MOBILEのメリット

カウントフリー

全プランでLineアプリ使用時のパケットがカウントされません。コミュニケーションプランではさらにSNSがカウントフリーになります。

高速通信でのカウントフリーなので、快適に使えます。パケットの節約になりますし、他社よりプランを下げても足りるかもしれません。

デザリング無料

大手キャリアだと有料オプションですが、LINEモバイルならデザリング無料です。

デザリングで接続した端末も、プランに応じてカウントフリーの対象になります。

パケットを家族・友達とシェア

Lineモバイル契約者なら誰でもパケットをシェアすることができます。

  • 1人1人が何かしらのプランに入らなければならない

2台持ちしても、2台がLineモバイルを契約しなくてはいけません

  • 何回でも分け合える

自分の契約している容量の範囲内なら、一ヶ月以内に何回でも分け合えます。

  • 一度に分け合える容量は決まっている

500MB・1000MB・1500MB・2000MB・2500MB ずつ分け合えるようになってます。容量は決まってますが、回数に決まりはありません。

  • 事前にデータシェアも可能

子供のスマホ使いすぎ防止対策にデータを親にデータを送ったり、2台目のタブレットに毎月2GBあげたり、家族一人が大容量のプランに契約して分け合うことも可能です。

2回線以上の契約は事務手数料が最大無料

契約者が同じなら、2回線目以上は事務手数料3,000円が無料になります。

サービスタイプ 登録事務手数料
データ+SMS+音声通話 0円
データ+SMS 500円
データ 1,000円

利用料金のポイント還元

毎月の月額料金の1パーセントがLINEポイントに還元されます。

ポイントの利用先は、LINEスタンプや着せ替えの購入、amazonギフト券・nanacoポイントに交換、LINE Payの残高に使えるなどなど。

LINE Payだと国内外のJCB加盟店約3,300万店舗で利用できるということなので、まず、ポイントの使い道に困ることは無さそうです。無駄なく使えてお得ですよね。

家族の利用状況を確認

利用者連携をすることで家族のデータ使用量の利用状況を見ることができます。
また、課金や契約変更を勝手にさせないように制限をかけることもできるので安心です。

フィルタリングアプリが無料

iフィルターと言う通常月額300円かかる有料フィルタリングアプリが無料で使えます。

有害サイト・有害アプリを見れなくしたり、離れていてもネット利用状況の確認、利用する時間帯の制限もできるので安心です。

「PTA推薦!全国の学校で採用実績No1」と言うことなのでとても信頼できますね。

LINEの年齢認証機能・ID検索に対応

今僕が使っている楽天モバイルなど、他の格安SIMではLINEの年齢認証が使えないんですよね。友達や知り合いなどにLINEを教えるときに少し不便なことがありますが、LINEモバイルだけは年齢認証・ID検索ができるようになってます。

ソフトバンク回線が使用可能

ソフトバンク回線は格安スマホ最速にチャレンジ中です。相当自信があるようですね。料金は、回線によって違いはありません。

ソフトバンクで購入した端末がLINEモバイルSIMで使えます。一部SIMロック解除が必要です。
ドコモ・auで購入した端末もSIMロック解除をすればソフトバンク回線で使えます。

現在、8月いっぱいでソフトバンク回線を契約するとデータ量が2倍になるキャンペーン中です。

自分の使っているスマホがLINEモバイルで使えるか?わからない人は、LINEモバイル公式→端末→動作確認済み端末検索 で確認できます。

[btn class=”simple big”]LINEモバイル[/btn]

iPhoneや最新Android端末が選べる

LINEモバイルはiPhoneSEの取り扱いがあります。まだ販売されていると言うことは、それだけ根強い人気があるのでしょうね。コンパクトなサイズはとても扱いやすいです。
Androidは最新ハイスペック端末から、格安端末まで充実しています。安い端末が多い印象です。僕の使っているP20も販売されてました。

LINE MOBILEのデメリット

メリットだけじゃなく、デメリットもしっかり理解しておきましょう。デメリットの解決策も考察!

音声通話SIMは最低利用期間が13ヶ月

最低利用期間内の解約だと契約解除料がかかってしまいます。音声通話SIMだと約1年間は使うことになりますが、他社の格安SIMでも当たり前のように最低利用期間が設定されているので、他と変わりません。
大手キャリアだと最低2年・3年が多いので13ヶ月って短い方ですよね!

24時間電話かけ放題オプション・プランは無い

ずっと電話かけ放題!というようなプランなどは無く「10分電話かけ放題オプション」のみになります。

しかしLINEモバイルならLINEアプリ使用時の通話はデータ容量カウントされないので実質完全無料通話になります。

MUSIC+プランは利用料金が別途必要

LINE MUSICの月額料金が基本料金とは別に必要になります。しかし、LINE MUSIC使用時のデータ容量がカウントされないので、ストリーミング再生で聴きまくることが可能です。ストリーミング再生にすることで本体容量を気にする必要もありませんのでいつでも・どこでもLINE MUSICを楽しむことができます。

LINE MOBILEの評判・評価

終わりに

いかがでしたでしょうか?

家族の利用状況を把握できたり、フィルタリングアプリが無料だったリと初めてスマホを子供に持たせようかな?と考えている方にはとてもおすすめできる格安SIMですね!

僕の子供はまだまだ小さいのでスマホを持つことは今はまだ考えてませんが、LINEモバイルなら安心して持たせることができそうです。

LINEモバイル

amazonギフト券チャージタイプを購入し、現金チャージをすると最大2.5%もらえる!!

現金チャージはこちら