ガジェット

【レビュー】超小型で高性能!TASCAM ピンマイクレコーダー「DR-10L」

動画撮影をする上で「画質」も重要ですが、「音」も大事ですよね。先日レビューしたGopro hero5、zhiyunのrider-mとの組み合わせで撮影するとモーター音を拾ってしまい音声がかなり残念なことに。

youtubeで有名なドリキンさんの動画を見て、僕も音声別撮りをすることしました。

【レビュー】初めてのアクションカムGoPro HERO 5 Black購入!#goproのある生活 の始まり夏になったらアクションカム(アクションカメラ)を買おうと決心していた2017年!ついに購入してしまいました。 GoPro HERO5には...

開封!パッケージは簡素

選んだのは、TASCAMのDR-10Lというピンマイクレコーダーです。カラーは白と黒の2色あります。基本身体に身につけるので、チラッと見えた時に白だと目立つかも・・・・という理由から黒色を選びました。

記事執筆時点での実売価格24,000円ほどです。自分的には結構高価な買い物をしたんですが、パッケージがかなり簡素で高級感とかそういう物はありませんでした。

 

microSD 4GBと、単四アルカリ乾電池(maxell)が付属します。取扱説明書によると、Enerizer ultimate lithiumという電池だと15時間持つようです。1,500円するけどその価値はありそう。

これだけの物が入ってました。左上から、本体・ポーチ・説明書、左下から、本体をベルトに挟むクリップ・電池・ピンマイク・マイクのクリップ・風防・USBケーブル

付属品を見ていく

ケーブル長は160cm、結構長いです。

3.5mmのジャックを本体に差し込み、シルバーの部分をクルクル回すとロックがかかる「スクリューロック式」なので、不意に外れて録音できてなかった!ってことはありません。

たまにyoutubeでマイクとレコーダーの接続部分が外れないようにテープでぐるぐる巻きにしている方が居ますが、これなら安心ですよね。

全指向性のラベリアマイク。ものすごく小さいです。大きさの比較になるものと撮ってないのでわかりづらいですが、、、

かなり小さい・・・
組み立てるとこんな感じ。見た目折れそうな感じですが、結構硬く丈夫です。
ポーチは合皮っぽい感じで高級感ありますね。
中はタオル生地でクッション性は皆無です。

本体を見ていこう

電池を入れて約63gという軽さは身につけても装着感がほぼないですね。ボタンは程よいクリック感があり、押しやすいです。

 

本体サイズは52(W) × 55.6(H) × 24.4(D) mm。

iphone7・LUMIX HFS-12060 レンズキャップと大きさ比較して見ました。 小さいですよね〜。

 

側面はこんな感じ。電源と録画ボタンですが、電源を入れる場合は左に1秒以上、または、●RECの方へ1秒以上ボタンを移動させると、電源ONからそのまま録音スタートになります。録音停止はサイド●RECの方へ1秒以上ボタンを移動しないと録音停止されません。誤って録音停止されないような構造はとても良いですね。

 

反対面にはヘッドフォンジャック・microSDスロット・USB差し込み口があります。ヘッドフォンやイヤホンでモニターしながらの録音や、録音したファイルを再生して聴くことができます。

 

USBケーブルを差してデータ転送できるので便利です。microSDだとアダプター入りますからね。

 

上部にはスクリューロック式のマイク端子があります。僕は付属のラベリアマイクを差しっぱなしにしてます。

 

裏面にある電池カバーと、側面のSDカードスロットを開けて見ました。

サンディスク
¥2,500
(2020/09/21 17:32:47時点 Amazon調べ-詳細)

SDカードは最大32GBに対応ということで、32GBクラス10のmicroSDHCカードを購入してみました。実際容量いっぱい使うのかはわかりませんが、余裕があることはいいことです。

 

右側にあるのはベルト用クリップです。

 

本体に付けるとこのような形になります。●RECマーク上の穴と、反対側のUSBケーブル差し込み口の上にある穴に挟み込むようにセットします。この写真、背面上下にあるネジの間にゴム素材のパーツがあり、挟み込んだ時にベルトからずれないような作りになってます。

 

マイクを本体につなぐとこうなります。シルバーのロックする部分より上のケーブルは回るようになってるのでネジれることはありません。

 

手に持つとこのサイズ感。ディスプレイはとても小さいです。この小さい画面で色々設定することができます。

 

液晶保護フィルム買うの忘れてたので慌てて購入・・・太陽下での視認性が良さそうな反射防止を選びました。

装着してみた

ベルトではなく、ジャージのズボンに挟み込んで見ました。ずれることなくセットできました。

ケーブルを服の外に出してしまいましたが、正しくはマイクだけ出してケーブルは中に入れるんですよね?
服の中に付ければ見た目気になりませんよね!(クリップで挟んでるのでシワになってますが・・・)

 

ズボンの腰にDR-10Lを挟んで、マイクを胸に付けた状態でケーブルがこれだけ余ります。かなり余裕があります。

 

まとめ

ざっと開封から装着をまとめてみました。

自分の使用用途として、普段のVLOG撮影での音声別撮り録音が目的で購入しました。まだ室内で少ししか録音試せてませんが、シャツの下にピンマイクつけても結構音を拾ってくれてますし、装着感がほとんど無く、ポケットを占領しないので身軽で良いです。USB直差しでデータ転送できるのも僕にとっては大変助かりました。

ZOOMのH1なども検討しましたが、小さいDR-10Lを選んで正解でした。 買ってよかった。

電池が切れる前に収録中のデータ消失を回避する自動ファイルクローズ処理、不要な低音をあらかじめ低減するローカットフィルター (120Hz固定)、録音レベルを自動で調節するオートレベル機能、etc…プロ向けの機材だと思うので、趣味で使う人には十分すぎる高機能です。音声レコーダーとしては少し高価ですが、お勧めできるピンマイクレコーダーだと思います。

ただ、動画と音声別撮りにすると、編集ソフトで同期させるのが結構めんどくさいんですが、その話はまた後日ということで、今回はDR-10Lの開封からファーストインプレッションでした。

amazonギフト券チャージタイプを購入し、現金チャージをすると最大2.5%もらえる!!

現金チャージはこちら