ガジェット

PS4 PROをSSD化!純正HDDは外付けHDDに再利用した

以前紹介したPS4 PRO、我が家は4K HDR対応テレビではないものの、動きがモッサリした感じはないしリモートプレイで1080pが選べたりなど非常に満足している。

PS4 PRO(CUH-7200B)を今更購入!リモートプレイが更に捗りPS4 ENCHANCEDが熱い! 【レビュー】今更PS4購入!SWITCHとPS4、どちらも最高に面白い で以前紹介したPS4は身内に譲ったので、新しくPS4 P...

しかし、位置づけ的に上位機のPS4 PROでも、データを保存する部分は最初からHDDのまま。
「読み込み時間が結構かかるな」と言う印象はPS4 SLIMの時から感じていたが、この度SSD化やってみることに。

HDDからSSDに変えるメリット

HDDからSSDに変えることで得られるメリットは

  • 読み込み速度が速い
  • 物理的に壊れにくい

の2点。3年前に初めてSSD搭載のパソコンを使った時「読み込み超速いやん!」と驚いたことは今でも覚えている。体感速度は間違いなく速く感じるし、SSD自体、中でディスクが回っている訳では無いのでHDDより故障は少ない。

デメリットは

  • 高価

この1点のみ。HDDと比べると、どうしても高い感じはあるが、これでも一昔前よりずいぶん安くなった物だと思う。

SSDをamazonで探すSSDを楽天市場で探す

PS4 PROのHDDをSSDに交換

交換作業の流れを簡単に説明すると、

データーをバックアップ→HDDをSSDに取り替え→データー復元

と言う感じ。セーブデータとPS4のシステムソフトウェアを保存して復元するためにUSBメモリーが必要になる。僕は家にあったUSBメモリー8GBを使用した。

交換作業

僕が購入したのは、シリコンパワーのSSD 容量512GB。

純正の1TBの約半分の容量だ。他社よりも安く、知ってるメーカーだったのが決めて。

 

まずPS4をひっくり返して背面のカバーを開ける。

ここは手で簡単に開けることができる。

 

そしてドライバーでネジを外して、HDDが載ったトレイを引き出せば取り外せる。

 

こんな感じ。一番最初のネジは硬くなかったが、次の4本はかなり強く締まっていたので小さなドライバーでは外すことができなかった。

 

側面の4つを外してSSDと取り替える。端子の向きを揃えればOK。

 

SSDは薄いので隙間が開くが、こんな感じになる。これを本体に入れれば完成。

 

交換したHDDはケースに入れて再利用

PS4 PROから取り出したHDDは、ケースに入れると1TBの外付けHDDとして利用できる。

せっかくなので使わない手はない!と言うことでHDDケースを購入

HDDケースにPS4から取り出したHDDを入れるだけの簡単作業で完成。(PS4内臓のHDDは東芝製)

出来上がった外付けHDDを入れる保護ケースも購入した。

inateckのHDDケースを買うのは3つ目。硬いので衝撃にも強いし、中のポケットにケーブルが丁度入る。3つそれぞれ色分けしているので一目でわかりやすいところも良い。

最後に

ほんの少しの時間短縮だが、積もり積もれば膨大な待ち時間となる。
社会人で家庭もあり、なかなかゲームをする時間を作るのも厳しい日々の中では”ロード時間の短縮はとても意味のあること”だと思ったので今回SSDに取り替えることを決めたのだが、交換してから今はまっているスパイダーマンのロード時間が劇的に短くなったのを体感した。

やはり効果は目に見えてわかるのが嬉しい。やってよかった。

 

SSDをamazonで探すSSDを楽天市場で探す

amazonギフト券チャージタイプを購入し、現金チャージをすると最大2.5%もらえる!!

現金チャージはこちら